採用情報

KEN'S BLOG

TOP > KEN'S BLOG > あなたの施設でも外国人の介護士さん、いませんか?

あなたの施設でも外国人の介護士さん、いませんか?

あなたの施設でも外国人の介護士さん、いませんか?

あなたの施設でも外国人の介護士さん、いませんか?🌎

介護士不足の対策として、厚労省は外国人を介護士として迎え入れる施策を行っています。
その甲斐があってか、外国人の介護士さんが増えてきています。
🌟海外から見た日本の介護
高齢化のトップを走る日本は、東南アジア諸国にとって、日本は介護先進国であり、お手本としている国でもあります。
アジア諸国では、要介護者の尊厳に配慮する意識がまだまだ十分ではありません。
特に、認知症を持つ人への対応の習得はこれから。
一方日本は、身体的なケアの面でも、尊厳への配慮といった精神的なケアの面でも、質の高い介護を提供していると評価されているようです。
日本から海外に進出したある介護施設では、日本式の質の高い介護が評判になっているといいます。
このような状況もあり、日本で働く外国人の介護士さんの中には、
日本で学んだ介護技術を「母国の介護分野の発展に生かしたい」と考えている方も少なくないようです。
🌟日本の介護士さんへの好影響も
東南アジア諸国の人々は明るく、ホスピタリティーが高い国民性で、介護職と相性が良いとされています。
国外からの新たな価値観が、日本の介護士さんに良い影響を与えることも十分に考えられますよね。
あなたの介護の職場にもし、海外の方がいらっしゃったら
諸外国の介護分野の発展に貢献しているのかもしれません!
お互いが切磋琢磨して、成長できると良いですね❤️


INSTAGRAMFACEBOOKでフォローして頂けると嬉しいです!

                                                                                              2021/2/12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加